妊活の 第一歩! 妊娠を考えるなら、風しんの予防接種も忘れずに受けましょう。 あなたの大切な赤ちゃんを 守ることにつながります。

妊娠イメージ

妊婦、とくに妊娠初期の女性が風しんにかかると、生まれてくる赤ちゃんが耳が聞こえにくい、目がみえにくい、生まれつき心臓に病気があるといった「先天性風しん症候群」という病気にかかってしまうことがあります。妊娠を望むなら、妊娠前に予防接種を受けることが大切です。

  • 妊娠中は 予防接種を受けることができません。
  • 20~40代の女性の約14%は風しんに対する十分な抗体を持っていません。
イメージ写真

妊娠を望む女性は妊娠前に風しんの予防接種を ご検討ください

接種後2ヶ月は避妊が必要です。
接種回数は子どもの頃の接種を含めて2回です。

イメージ写真

妊娠を望む女性はご家族に風しんの予防接種を 検討するようにご相談ください

妊婦は風しんの予防接種を受けられません。
1歳児(第1期)と、小学校入学前1年間(第2期)は
麻しん風しん混合ワクチンの定期接種を受けましょう。

イメージ写真

妊娠を望む女性は風しんの予防接種を ご検討ください

風しんにかかる人の7割以上が男性、
そのうち8割以上が20~40代です。
夫をはじめ、妊婦の周りにいる男性にも
注意が必要です。

予防接種が必要かどうかは、抗体検査でわかります。

相模原市では先天性風しん症候群を予防するため、 風しん抗体検査を無料で実施しています。

対象となる方

相模原市内に住民登録があり、次に該当する人。
ただし、風しんワクチン(麻しん風しん混合ワクチン、麻しん風しんおたふくかぜ混合ワクチンを含む)の予防接種を受けたことがある人、
風しんに罹患したことがある人、風しん抗体価が十分であることを確認している人を除きます。

  • 妊娠を予定又は
    希望している女性

  • 妊娠を予定又は
    希望している女性
    配偶者

  • 妊婦配偶者

※配偶者には、事実上婚姻関係と同様の事情にある方を含みます。

実施期間

2019年4月1日~2020年3月31日(予定)

※2020年4月以降も継続予定

抗体検査の結果、予防接種の必要性があるとされた方には 予防接種費用の一部を助成します。

接種1人1回あたり次のとおり助成します。

  • 麻しん風しん混合ワクチン
    6,000
  • 風しん単体ワクチン
    4,000

生まれてくる大切な赤ちゃんのためにも 「大人の風しん」を防ぎましょう!

イメージ

1962(昭和37)年4月2日~1979(昭和54)年4月1日の間に生まれた男性の皆様

あなたは風しんの抗体を
持っていない可能性が
高い
です!

風しんの感染を拡大させる 原因となってしまいます

現在、風しんの予防接種は、予防接種法に基づき公的に行われていますが、
公的な接種を受ける機会がなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性は、
抗体保有率が他の世代に比べて低くなっています。

そんなあなたに朗報!

2022年3月31日までの3年間に限り

風しん抗体検査・予防接種を無料で受けられます!!

対象者には、2019年4月以降住民票のある市区町村から
クーポン券(抗体検査用、予防接種用)
が順次届きます

イメージ写真

クーポンが届いたら、 まずは抗体検査を受けましょう!

期間は3年間

職場での健康診断や近隣の病院を受診する際などに、
窓口でクーポン券を提示すれば、
風しんの抗体検査を無料で受けられます。

イメージ写真

検査の結果、 抗体なしと判断された場合、 予防接種を受けましょう!

予防接種も 無料で 受けられます!

クーポン券を使用することによって
予防接種も原則無料となります。

実施期間

2019年4月1日~2022年3月31日

※2019年度は、1972(昭和47)年4月2日~1979(昭和54)年4月1日生まれの男性に市区町村がクーポン券を送付します。
なお、2019年度にクーポン券が送付されない対象者も市区町村に希望すればクーポン券を発行し、抗体検査を受けられます。

イメージ

あなた自身だけでなく、 周りにいる大切な人を守る為にも この機会に風しんへの抵抗力を 確認・獲得しましょう!

PAGE TOP