乳幼児定期予防接種

赤ちゃんや子どもは、病気に対する抵抗力(免疫)が非常に未熟です。定期接種は、国が「一定の年齢になったら、受けるように務めなければいけない」としている感染力が強く、予防の必要性が高いものです。決められた期間内なら、基本的に無料で受けられますので、どんなに忙しくても赤ちゃんの健康を守る予防接種を忘れるわけにはいきません。

また各接種には、定められた接種間隔があり、定期接種だけでも1歳になるまでに10回以上もありますので、1ヶ月健診時にあらかじめどのようなスケジュールで接種していくのが良いのか相談しておきましょう。

受付時間

診療時間

定期予防接種の種類

種類 対象年齢 標準的な接種年齢 接種方法
ヒブ(Hib) 生後2ヶ月~5歳 生後2ヶ月~7ヶ月 生後12ヶ月までの間に
27日以上の間隔で3回皮下接種
肺炎球菌 生後2ヶ月~5歳 生後2ヶ月~7ヶ月 27日以上の間隔で3回接種
生後12~15ヶ月の間に追加1回接種
BCG(結核) 生後1歳未満 生後4ヶ月~8ヶ月未満 1回接種
B型肝炎 1歳未満 1歳未満 4週間隔で2回、1回目から20~24週を経過した後に1回、合計3回接種
ジフテリア
百日せき
破傷風
ポリオ
1期 四種混合 初回 生後3ヶ月~7歳6ヶ月未満 生後3ヶ月~12ヶ月未満 3~6週間の間隔で3回接種
追加 1期初回(3回)終了後
1年~1年6ヶ月未満の間に1回接種
2期 二種混合
(ジフテリア・破傷風)
11歳~13歳未満 11歳 1回接種
麻しん(はしか)
風しん
1期 麻しん風しん混合
麻しん風しん
1歳~2歳未満 1回接種
2期 平成23年4月2日~平成24年4月1日生まれの方 1回接種
日本脳炎 1期 初回 生後6ヶ月~7歳6ヶ月未満 3歳 1~4週間の間隔で2回接種
1期初回(2回)終了後
おおむね1年おいて1回接種
追加 4歳
2期 9歳~13歳未満 9歳 1回接種
水痘 生後1~3歳未満 1歳~1歳3ヶ月未満に初回1回接種
その後6ヶ月~1年おいて追加接種1回
このページのトップへ