神奈川県相模原市の親御様へ 大切なお子様の定期予防接種はお済みですか?

  1. ホーム
  2. 定期予防接種

定期の予防接種

定期の予防接種は、それぞれの予防接種ごとに対象年齢が定められていて、対象年齢内で規定の回数については無料で受けることができます。
また、予防接種法により保護者の人はこれらの予防接種を「受けるように努めなければならない」と定められています。

赤ちゃんや子どもは、病気に対する抵抗力(免疫)が非常に未熟なため、
親はどんなに忙しくても赤ちゃんや子どもの健康を守る予防接種を忘れるわけにはいきません。
各接種には、定められた接種間隔があり、定期接種だけでも1歳になるまでに10回以上もありますので、
1ヶ月健診時にあらかじめどのようなスケジュールで接種していくのが良いのか相談して把握しておく必要があります。

定期の予防接種は、協力医療機関で『個別接種』により実施しています。
対象者には市から『予防接種のお知らせ』が標準的な接種年齢に合わせて郵送されます。
永井こども医院では接種回数や接種間隔、その時の赤ちゃんや子どもの体調など状況も加味しながら、
無理のないスケジュールで予防接種が受けられるように適切なアドバイスをさせていただきます。

生ワクチンと不活化ワクチン

予防接種に使う薬液を「ワクチン」と言い、大きく分けて「生ワクチン」「不活化ワクチン」があります。

  • 生ワクチン

    生きた病原体を弱めたもので、接種することで、からだが軽く感染したのと同じ状態になって免疫をつくります。1回の接種で免疫ができ、その効果は長期間持続するとされています。

    ウィルス
    ウィルス
  • 不活化ワクチン

    病原体を殺し、免疫をつくるのに必要な成分だけを取り出したもので、生ワクチンと違って、免疫を得るには数回の接種が必要です。

    ウィルス

別の種類のワクチンを接種する場合の接種間隔

あらかじめ混合されていない2種以上のワクチンを別々に接種する場合には、通常生ワクチンの場合は、27日(4週間)以上の間隔をあけて次のワクチンを接種します。また、不活化ワクチンの場合は、6日(1週間)以上の間隔をあけて次のワクチンを接種します。

  • 生ワクチンを接種した場合

    生ワクチンを接種した場合
  • 不活化ワクチンを接種した場合

    不活化ワクチンを接種した場合

※同じ種類のワクチンを複数回接種する場合は、ワクチンごとに推奨されている接種間隔が定められていますので、そのスケジュールに沿って接種します。

定期予防接種の種類と接種時期

下記の表は横にスクロールしてご覧ください。

種類 対象年齢 標準的な接種年齢 接種方法
ヒブ(Hib) 生後2ヶ月~5歳 生後2ヶ月~7ヶ月 生後12ヶ月までの間に
27日以上の間隔で3回皮下接種
肺炎球菌 生後2ヶ月~5歳 生後2ヶ月~7ヶ月 27日以上の間隔で3回接種
生後12~15ヶ月の間に追加1回接種
BCG(結核) 生後1歳未満 生後4ヶ月~8ヶ月未満 1回接種
B型肝炎 1歳未満 1歳未満 4週間隔で2回、1回目から20~24週を経過した後に1回、
合計3回接種
ジフテリア
百日せき
破傷風
ポリオ
1期 四種混合 初回 生後3ヶ月~7歳6ヶ月未満 生後3ヶ月~12ヶ月未満 3~6週間の間隔で3回接種
追加 1期初回(3回)終了後
1年~1年6ヶ月未満の間に1回接種
2期 二種混合
(ジフテリア・破傷風)
11歳~13歳未満 11歳 1回接種
麻しん(はしか)
風しん
1期 麻しん風しん混合
麻しん風しん
1歳~2歳未満 1回接種
2期 保育園、幼稚園などの年長のお子様 1回接種
日本脳炎 1期 初回 生後6ヶ月~7歳6ヶ月未満 3歳 1~4週間の間隔で2回接種
1期初回(2回)終了後
おおむね1年おいて1回接種
追加 4歳
2期 9歳~13歳未満 9歳 1回接種
水痘 生後1~3歳未満 1歳~1歳3ヶ月未満に初回1回接種
その後6ヶ月~1年おいて追加接種1回

永井こども医院の受付時間

診療スケジュール
(土曜日午後)は5時までの診療受付となります。
永井こども医院
PAGE TOP